TOPIC NANA

矢沢あいの大ヒット漫画「NANA」の映画化され、主人公には中島美嘉が抜擢された。彼女は普段からヴィヴィアン・ウエストウッドを着こなすなど、原作の中のNANAと重なる点が非常に多い。そして、映画の中の「NANA」は現実の世界に「NANA starring MIKA NAKASHIMA」として飛び出しきた。そして、彼女の為に書き下ろされた曲が、「GLOMOROUS SKY」だ。この曲は、漫画「NANA」の大ファンでもある、L’Arc〜en〜CielのボーカルHYDEが作曲、そして、原作者の矢沢あい自身が作詞を担当するとても話題性に富んだ曲である。HYDEが曲を提供するのもこれが初となり、「NANA」に対するどれだけの思いがあるかが伺えるだろう。そして、パンキッシュな衣装に身を包んだ中島美嘉が歌うのである。誰もが、「NANA」と中島美嘉が重なったのではないだろうか。映画の世界観にも、見事なほどに溶け込み、見ている人を釘付けにし、アーティストとしても、一流の風格を醸し出している。中島美嘉、HYDE,矢沢あいによって、生み出された曲は当然のごとく大ヒットした。それにともない、「NANA」の中で、ライバルバンドである「TRAPNEST」のボーカルとして、役を務めた伊藤由奈も「REINA starring YUNA ITO」として、「ENDRESS STORY」をリリース、大ヒットし、一時は「GLOMOROUS SKY」を上回るほどの売り上げをしている。

 「NANA」は漫画の世界だけでなく、音楽シーンにまで多大な影響を及ぼした。映画の続編の製作も決まっている。再び、NANAとREINAが音楽シーンに激震を与えるにちがいない。